EDAJIMAのエクセル&ビジネス雑記

エクセルとビジネス雑記について

【エクセル】で「ある期間」の日数を求める

DATEDIF関数

 

エクセルの日付は数値なので引き算が可能

例えばエクセルで社歴を調べるため入社日から今日までの
期間をサクッと出せたらいいな~といった時があります。
ちなみに日付も以前の記事で書きましたが数値なので
当然、引き算が出来ます。日付が数字?といった方は↓コレを参照下さい。


試しにやると、こんな感じになります。

 

f:id:EDAJIMAHEIHATI:20211102223315p:plain

関数の挿入のダイアログボックスには表示されない

DATEDIF関数は直接入力しないと使えません。
関数のダイアログボックスに無いからです😱

f:id:EDAJIMAHEIHATI:20211102223645p:plain

DATEDIF関数の使い方

実際の使い方ですが

=DATEDIF(終わりの日付,始まりの日付,表示形式)

  1. 終わりの日付 社歴だと本日です
  2. 始まりの日付 社歴だと入社日です
  3. 表示形式 "Y"だと年/”M"だと月/”D"だと日・・他

    f:id:EDAJIMAHEIHATI:20211102230238p:plain

少し注意が必要な場合もあります

ちなみに「うるう年」等で正確に集計できない場合がありますので
使用には注意と確認が必要です。しかし、簡単な期間の日数を求める
レベルなら、あなたのエクセル処理の手助けになると思います。

f:id:EDAJIMAHEIHATI:20210815222309p:plain

知ってると知らないでは大違いだと思います。
それでは、次回もエクセルで会いましょう。